当院について

病院指標

令和元年度 武蔵野総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 12 34 30 63 91 182 406 522 134
自動車賠償責任保険、労災保険、自費等を除いた健康保険を使用いただいた方のみを対象とした10歳刻みの退院患者数です。
最も多い年齢階級は80歳~89歳で522名でした。60歳以上の患者さんの割合は約84%となっています。

※患者数が10名未満箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 29.09 20.84 26.67 82.47
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 19 2.37 2.63 0 66.47
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 14 22.93 12.58 21.43 74.14
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 10 19.20 13.48 0 84.10
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 9 29.00 15.17 0 81.78
内科全体で245名(前年度449名)の患者さんが退院しております。
各施設に入所中の方や、外来診察からの入院などいろいろな経緯で入院されています。
令和元年度は常勤医2名体制で診察しております。令和2年度より常勤医3名体制となっております。
呼吸器内科、消化器内科が専門となっておりますが、専門分野のみならず幅広く診察を行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 22 8.64 4.85 0 67.82
060335xx0211xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1あり 手術・処置等2あり 19 52.32 35.22 42.11 77.68
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 14 9.29 5.45 0 36.79
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 10 19.60 9.79 10 57.20
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 8.70 8.89 0 69.70
外科全体で345名(前年度372名)の患者さんが退院しております。
単独のDPCコードでは「鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等」が全体の約6%で上位となっていますが、
より広義に「胆嚢水腫、胆嚢炎等」を集計すると69名で全体の約20%となります。
当院は常勤医2名体制で入院診療を行っております。
外来での化学療法や緩和ケア認定看護師による緩和ケアなど患者さんのQOL(日常生活の質)を第一に寄り添う医療を心がけています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 76 41.80 25.94 47.37 82.09
160690xx02xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 経皮的椎体形成術 45 39.16 18.36 26.67 81.67
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 33 38.39 19.40 27.27 80.12
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 24 10.88 5.54 0 57.38
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 13 34.23 19.59 53.85 74.08
整形外科全体で369名(前年度303名)の患者さんが退院しており、「股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術」に該当する割合は全体の約20%となっています。手術を必要とする骨折や怪我で入院される患者さんも多く、高齢者の方はより手術後の在院日数が長くなる傾向があります。
継続したリハビリテーションを提供するため、地域包括ケア病棟を利用してご自宅への退院支援や、リハビリテーションを専門とした医療機関と連携し継続した医療を提供できるように心がけています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 86 21.21 16.13 26.74 74.33
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 30.61 18.81 56.82 66.70
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 18.82 9.67 8.82 76.18
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 20.14 7.34 14.29 82.00
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 19 7.47 6.22 5.26 72.26
脳神経外科全体で433名(前年度433名)の患者さんが退院しております。「脳梗塞」をさらに広義で集計すると150名となり全体の約35%となります。
令和元年度は常勤医2名体制で入院診療を行っており、脳梗塞以外にも、急性・慢性硬膜下血腫、水頭症、てんかん、めまいなどの入院加療も行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 26 2.19 2.78 0 74.19
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 2 2.00 5.09 0 83.00
眼科全体で28名(前年度25名)の患者さんが退院しております。当院は白内障手術のみを行っております。
令和2年度より眼科は閉科となりました。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - 12 - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とはがんの中でも多いとされている胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の事をいいます。
国際対がん連合が定めた分類(UICC病期分類)に沿って、がんの拡がり、所属リンパ節への転移、遠隔転移の有無の3つの要素によって4つの病期(ステージ)に分類するものです。当院では5大癌すべての症例の診療を行っております。

※5大癌のステージ分類毎の患者数及び再発数については10名未満の箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 13.85 55.00
中等症 37 22.78 77.00
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
軽症から超重症までの4段階で分類されています。
軽症での平均年齢は50歳代ですが、高齢者の方は重症度が高くなる(中等度~超重症)傾向があります。

※患者数が10名未満の箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
※重症度不明は0件ですが、病院情報公表の規定に従い「ハイフン」で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 131 25.91 76.69 30.57
その他 26 36.23 78.69 8.92
全体の約83%の方が発症から3日以内の脳梗塞に分類されています。

継続したリハビリテーションを提供するため、当院地域包括ケア病棟を利用してご自宅への退院支援や、リハビリテーションを専門とした医療機関と連携し継続した医療を提供できるように心がけています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 20 1.25 2.05 0 68.70
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
内視鏡での大腸ポリープ切除が約50%となっており、消化器内科領域での手術が多い傾向です。

※患者数が10名未満の箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 46 15.96 20.89 21.74 70.41
K6335 鼠径ヘルニア手術 21 1.38 6.14 0 67.52
K6711 胆管切開結石摘出術(胆嚢摘出を含む) 13 14.92 36.23 15.38 78.23
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 10 0.20 6.80 0.00 39.10
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
腹腔鏡下胆嚢摘出術は全体の約21%にあたり、次いで鼠径ヘルニア手術、胆管切開結石摘出術と続きます。
他にも患者さんへのメリットが多い腹腔鏡下手術で胃・結腸の悪性腫瘍に対する手術も行っており、負担が少なくなるよう努めています。

※腹腔鏡下手術とは
おなかの5~6カ所に小さい穴をあけ特殊な器具を挿入して手術を行います。

※患者数が10名未満の箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 52 3.23 37.00 55.77 81.46
K142-4 経皮的椎体形成術 46 6.65 31.20 26.09 81.43
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 37 3.81 42.35 27.03 81.03
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 21 1.81 16.14 0 59.67
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 12 2.75 40.50 8.33 71.00
骨折に対しての手術が多く、下肢の手術が上位となっています。
他にも患者さんへの負担が比較的少なくすむように関節鏡下での靭帯や半月板の手術も行っております。
また、腰に対しての手術も増えてきており、経皮的椎体形成術は全体の約18%となっております。
広義で腰に対する手術は80名で約31%になっております。

他にも患者さんへの負担が比較的少なくすむように関節鏡下での靭帯や半月板の手術も行っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 4.00 19.81 11.11 77.28
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 20 4.90 12.95 75.00 76.25
K386 気管切開術 - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
慢性硬膜下血腫に対して血腫を除去する目的で行われる手術が全体の約49%を占めます。
主に高齢者の方の転倒などの外傷が契機として多く、緊急の手術となる場合もあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 28 0.00 1.18 0.00 74.82
眼科では白内障に対する手術のみ行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
播種性血管内凝固症候群(DIC)は基礎疾患により全身性の血管内に血栓が生じる病態で、敗血症は感染症により重篤な臓器障害が引き起こされる状態です。
肺炎や尿路感染症、蜂巣炎などが原因となっています。
手術・処置等の合併症にはカテーテル感染や吻合狭窄、術後創部離開・感染などがあります。
合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置などを細心の注意を払って施行しています。

※患者数が10名未満の箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。