当院について

病院指標

平成29年度 武蔵野総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 35 46 42 96 123 294 474 408 127
自動車賠償責任保険、労災保険、自費等を除いた健康保険を使用いただいた方のみを対象とした10歳刻みの退院患者数です。
最も多い年齢階級は70歳~79歳で474名でした。60歳以上の患者さんの割合は78.8%となっています。

※患者数が10名未満箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 25 16.76 9.16 8 80.56
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 22 16.23 12.34 0 81.68
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 39.33 20.83 50 82.00
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DORPスコア2 15 25.47 15.12 26.67 85.8
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 22.00 17.71 20.00 86.80
内科全体で296名(前年度447名)の患者さんが退院しております。
各施設に入所中の方や、外来診察からの入院など色々な経緯で入院されています。
平成29年度前期は常勤医2名体制で診察を行い、後期は常勤医3名体制で診察しております。呼吸器内科、消化器内科、糖尿病内科が専門となっておりますが、専門分野のみならず幅広く診察を行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 8.32 8.98 4.00 55.76
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 17 7.59 7.87 0.00 57.47
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 15 7.47 5.56 0.00 32.07
060335xx0210xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14 24.29 20.74 21.43 66.14
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 9.42 7.4 8.33 58.33
外科全体で330名(前年度276名)の患者さんが退院しております。「ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」に該当する患者さんは全体の約7%と低くなっていますが、「ヘルニアの記載のない腸閉塞」とより広義に換算すると全体の約14%となります。
当院は常勤医3名体制で入院診療を行っており、ヘルニア、胆嚢炎、胃・大腸等の悪性腫瘍、下肢静脈瘤など幅広く診療を行っています。
消化器外科専門医、心臓血管外科専門医が診療にあたっております。
外来での化学療法や緩和ケア認定看護師による緩和ケアなど患者さんのQOL(日常生活の質)を第一に寄り添う医療を心がけています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 69 38.99 27.09 49.28 83.43
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 49 28.63 19.94 38.78 79.18
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 46 7.00 5.21 2.17 52.33
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 24 7.13 5.54 0.00 56.71
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 19 8.05 11.41 0.00 38.47
整形外科全体で413名(前年度424名)の患者さんが退院しており、「股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等」に該当する患者さんは全体の約16%となっております。手術を必要とする骨折や怪我で入院される患者さんも多く、高齢者の方はより手術後の在院日数が長くなる傾向があります。
継続したリハビリテーションを提供するため、地域包括ケア病棟を利用してご自宅への退院支援や、リハビリテーションを専門とした医療機関と連携し継続した医療を提供できるよう心がけています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale0、1又は2 81 23.54 16.38 34.57 75.58
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血種(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 32.42 19.10 44.00 65.64
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 10.29 9.68 3.57 77.04
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 24 5.29 6.28 8.33 76.17
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 20 3.20 5.15 0.00 65.35
脳神経外科全体で384名(前年度437名)の患者さんが退院しており、「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 発症前RankinScale0、1又は2」に該当する患者さんは全体の約21%となります。
脳梗塞以外にも、急性・慢性硬膜下血腫、水頭症、てんかんなどの入院加療も行っております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - 3.29 - -
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし - - 5.80 - -
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし - - 17.95 - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 5.60 - -
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2あり - - 51.26 - -
形成外科全体で72名(前年122名)の患者さんが退院しており、眼瞼下垂、皮膚の腫瘍、顔面の骨折、褥瘡、尿膜管遺残、腋臭症、巻き爪など幅広く診療にあたっております。適切な時期に適切な手術・処置を行うことにより平均在院日数は全国平均を下回っています。
年度途中に常勤医退職に伴い、退院数が前年より大幅に減じています。

※各分類の患者数が10名未満のため、個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - 10 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とはがんの中でも多いとされている胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の事をいいます。
国際対がん連合が定めた分類(UICC病期分類)に沿って、がんの拡がり、所属リンパ節への転移、遠隔転移の有無の3つの要素によって4つの病期(ステージ)に分類するものです。

※5大癌のステージ分類毎の患者数が10名未満の箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 9.18 57.09
中等症 40 27.03 78.73
重症 11 30.55 82.36
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
軽症から超重症までの4段階で分類されています。

軽症での平均年齢は50歳代ですが、重症になるにつれ平均年齢が上がっています。

※患者数が10名未満箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 131 29.04 77.60 32.64
その他 13 19.62 76.69 2.78
全体の約90%の方が発症から3日以内の脳梗塞に分類されています。

平均して29日程度の入院となっており、継続したリハビリテーションのために約32%の方が転院しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 34 0.03 1.24 0.00 65.65
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
内科全体では59件の手術を入院で実施しております。
内視鏡での大腸ポリープ切除が約57%となっており、消化器内科領域での手術が多い傾向です。

※患者数が10名未満のため、個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 35 8.09 8.71 11.43 62.34
K6335 鼠径ヘルニア手術 34 2.18 5.38 0.00 65.68
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 32 0.03 1.72 0.00 69.19
K681 胆嚢外瘻造設術 15 0.13 32.73 26.67 80.93
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 12 0.17 6.67 0.00 31.25
外科全体では262件(前年度243件)の手術を入院で実施しております。
腹腔鏡下胆嚢摘出術は全体の約13%にあたり、ついで鼠径ヘルニア手術、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術と僅差で続きます。
ほかにも患者さんへのメリットが多い腹腔鏡下手術で胃・結腸の悪性腫瘍に対する手術も行っており、負担が少なくなるよう努めています。

※腹腔鏡下手術とは
おなかの5~6カ所に小さい穴をあけ特殊な器具を挿入して手術を行います。
手術の傷が目立たず、術後の痛みの軽減、傷の治りが早く入院期間が短くなるなるどのメリットがあると言われています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 59 2.80 29.46 42.37 78.22
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 39 2.44 7.15 2.56 57.64
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 35 3.17 43.40 45.71 82.37
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 33 1.15 2.45 0.00 46.18
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 24 2.88 20.92 4.17 61.50
整形外科全体では274件(前年度296件)の手術を入院で実施しております。
下腿、上腕の骨折に対する手術が上位となっています。ほかにも患者さんへの負担が比較的少なくすむように関節鏡下での靭帯や半月板の手術も行っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 1.54 13.25 4.17 74.33
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
脳神経外科全体では36件(前年度66件)の手術を入院で実施しております。
慢性硬膜下血腫に対して血腫を除去する目的で行われる手術が全体の約66%を占めます。
高齢者の方に多く、緊急の手術となる場合もあり平均術前日数も1.54日となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 29 0.00 1.72 0.00 73.14
眼科は白内障に対する手術のみ行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
播種性血管内凝固症候群は全体の約0.1%、敗血症は全体の0.1%以下になります。
どちらも細菌感染の基礎疾患が悪化して発症となりました。
また手術・処置等の合併症の症例は全体の約0.1%になります。
内訳としては手術に関する合併症による入院、体内に挿入した器材によるものです。

※症例数が10名未満箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。


手術や処置などは合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。
しかし、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。
起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明をしたうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。

更新履歴

2018/09/18
平成29年度 病院指標公開