平成28年度 武蔵野総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 - 68 51 58 108 171 315 483 467 145
自動車賠償責任保険、労災保険、自費等を除いた健康保険を使用いただいた方のみを対象とした10歳刻みの退院患者数です。
最も多い年齢階級は70歳〜79歳で483名でした。60歳以上の患者さんの割合は75.5%となっており、前年と同じですが、総退院数は100名以上増えています。

※患者数が10名未満箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 40 17.00 12.43 7.50 80.20
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 26 9.73 5.50 0.00 63.46
100380xxxxxxxx 体液量減少症 25 13.76 9.33 4.00 80.84
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 22 19.09 15.29 9.09 82.23
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 21.63 17.95 21.05 86.11
内科全体で447名(前年度372名)の患者さんが退院しており、「腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし」に該当する患者さんが全体の約1割、40名いらっしゃいます。各施設に入所中の方や、外来診察からの入院など色々な経緯で入院されています。
平成28年度は常勤医3名体制で診療しており、呼吸器内科、消化器内科が専門となっておりますが、専門分野のみならず幅広く診療を行っております。平成29年度は新たに糖尿病内科1名の常勤医が増え、診療体制を強化しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 18 6.22 5.60 0.00 35.44
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 7.21 9.08 7.14 63.64
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 10.17 9.93 0.00 70.25
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし - - 7.89 - -
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 - - 9.91 - -
外科全体で276名(前年度259名)の患者さんが退院しており、「虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等」に該当する患者さんは全体の約6%と非常に低くなっています。
当院は常勤医3名体制で入院診療を行っており、ヘルニア、胃・大腸等の悪性腫瘍、胆嚢炎、下肢静脈瘤など幅広く診療を行っております。そのため突出して件数の多い分類がないため、上位の分類でも全体の占める割合は低くなっています。

消化器外科専門医、心臓血管外科専門医が診療にあたっております。
外来での化学療法や緩和ケア認定看護師による緩和ケアなど患者さんのQOL(日常生活の質)を第一に寄り添う医療を心がけています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 54 38.91 27.63 46.30 81.26
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 48 31.69 20.57 35.42 79.15
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 39 11.33 5.49 0.00 53.26
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 32 10.88 11.91 0.00 40.13
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 16 7.38 5.86 0.00 49.00
整形外科全体で424名(前年度418名)の患者さんが退院しており、「股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等」に該当する患者さんは全体の約13%となっております。
手術を必要とする骨折や怪我で入院される患者さんが多くなっています。高齢者の方は手術後の在院日数が長くなりやすくなります。
継続したリハビリテーションを提供するため、地域包括ケア病棟を利用してご自宅への退院支援や、リハビリテーションを専門とした医療機関と連携し継続した医療を提供できるよう心がけています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 89 18.18 16.54 15.73 72.76
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 27.44 19.35 55.56 65.35
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 12.06 9.87 8.33 78.38
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 39 4.82 6.38 0.00 74.90
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 7.05 7.12 5.26 61.53
脳神経外科全体で437名(前年度411名)の患者さんが退院しており「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2」に該当する患者さんは全体の約20%となっております。「脳梗塞」全体では151名、全体の約35%となります。
脳梗塞だけでなく、急性・慢性硬膜下血腫、水頭症なども入院加療しております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 14 3.07 5.94 0.00 51.93
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 14 2.50 6.76 0.00 38.14
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 11 3.36 5.80 0.00 24.73
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 10 2.50 3.44 0.00 73.80
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
※各分類の患者数が10名未満のため、個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。

形成外科全体で122名(前年度108名)の患者さんが退院しており、皮膚の腫瘍や顔面の骨折、尿膜管遺残、乳房再建、熱傷、眼瞼下垂、巻き爪、褥瘡など幅広く診療を行っております。
常勤、非常勤共に形成外科専門医が診療にあたっております。
適切な時期に適切な手術を行うことによって平均在院日数は全国平均を下回っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 13 - - 1 7
大腸癌 - 10 14 - - 11 1 7
乳癌 - - - - - - 1
肺癌 - - - 11 - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とはがんの中でも多いとされている胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の事をいいます。
国際対がん連合が定めた分類(UICC病期分類)に沿って、がんの拡がり、所属リンパ節への転移、遠隔転移の有無の3つの要素によって4つの病期(ステージ)に分類するものです。

5大癌のステージ分類毎で10名未満の箇所は個人を特定できてしまう可能性を考慮し「ハイフン」で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 8.65 48.53
中等症 54 18.13 78.31
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
重症度0(軽症)から重症度5(かなり重症)までの6段階で分類されています。

軽症での平均年齢は48歳ですが、重症になるにつれ平均年齢が上がる傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 41 4.85 75.34 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 143 22.57 74.98 23.33
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 - 0 0 0 0
CD10とは世界保健機関(WHO)が作成した病名の分類方法です。
この指標では脳梗塞などで分類される病名をICD10で更に集計しました。

全体の約74%の方が「発症から3日以内の脳梗塞」に分類されています。
平均して22日程度の入院となっており、継続したリハビリテーションのために約23%の方が転院しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 47 0.32 1.60 0.00 65.09
K6335 鼠径ヘルニア手術 33 1.39 3.30 0.00 64.42
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 19 4.63 9.42 0.00 60.32
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 13 0.00 5.08 0.00 36.69
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 1.36 5.73 81.82 79.00
外科全体では243件(前年度230件)の手術を入院で実施しております。
内視鏡での大腸ポリープ切除は入院日当日に手術を行い、経過によって平均で約1.6日の入院となっております。
ほかにも患者さんへのメリットが多い腹腔鏡下手術も行い、負担が少なくなるよう努めています。

※腹腔鏡下手術とは
おなかに5〜6カ所に小さい穴をあけ特殊な器具を挿入して手術を行います。
手術の傷が目立たず、術後の痛みの軽減、傷の治りが早く入院期間が短くなるなどのメリットがあると言われています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 58 3.59 31.29 32.76 76.19
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 55 2.93 21.65 5.45 57.64
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 28 1.04 2.29 0.00 44.82
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 21 4.67 45.24 33.33 81.29
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 17 1.35 24.35 47.06 71.18
整形外科全体では296件(前年度296件)の手術を入院で実施しております。
下腿、上腕の骨折に対する手術が上位となっておりますが、他にも患者さんへの負担が比較的少なくすむように
関節鏡下での半月板、靭帯の手術を行っております。

術後は早期にリハビリテーションを行い、継続してリハビリテーションを行うために専門病院への転院される方もいらっしゃいます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 17 0.18 2.18 0.00 49.65
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K333 鼻骨骨折整復固定術 - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0021 デブリードマン(100cm2未満) - - - - -
形成外科全体では94件の手術を入院で実施しております。
形成外科では上記の手術だけでなく、顔面の骨折、皮膚の腫瘍、褥瘡に対する手術など様々な手術を行っています。
また、他の病気で入院された方で褥瘡などがある場合も他の診療科と協力・連携をして診療しています。

外来で対応できるものは外来手術で対応しております。入院も早期退院を心がけております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 43 1.74 10.88 11.63 78.16
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K164-4 定位的脳内血腫除去術 - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - - - - -
脳神経外科全体では66件(前年度49件)の手術を入院で実施しております。
慢性硬膜下血腫に対して血腫を除去する目的で行われる手術が全体の65%を占めます。
高齢者の方に多く、緊急の手術となる場合も少なくありません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.64
異なる 1 0.05
手術・処置などによる合併症に該当する症例数が全体の約0.7%になります。

手術や処置などは合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。
しかし、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。
起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2017/09/25
平成28年度 病院指標追加
2016/09/23
公開


HOMETOPICS院長あいさつ患者さんの権利病院概要入院のご案内お知らせ外来診療案内
外来担当医表地域医療連携室人間ドック・健康診断予防接種採用案内交通案内関連施設広報誌


武蔵野総合病院
〒350-1167 埼玉県川越市大袋新田977-9
電話番号:049-244-6340(代) FAX番号:049-244-6302
個人情報保護について

Copyright(C)Musashino General Hospital All rights reserved. All Rights Reserved.