急性期病棟として各階スタッフは日々業務に追われていますが、明るい笑顔で家庭のようなやさしさ、真心を持ってよりよい看護を提供できるよう、日々努力しております。



外科系疾患の患者さんが多く入院されていますが、緊急入院を含めた混合病棟として機能しています。
一般手術の開腹・開胸に加えて、腹腔鏡下・胸腔鏡下の手術も多く実施されています。また、術後の疼痛緩和のため硬膜外麻酔も多く使われており、 以前よりも患者さんの精神的、身体的負担は少なくなってきています。



整形外科、内科の患者さんが多く入院されています。整形外科では年間500前後の手術がおこなわれています。膝の手術では関節鏡を用いる事により、5ミリ程度の小さな傷を数カ所あけるだけで手術ができますので、体にかかる負担が少なく、回復が早いのが特徴です。



脳外科の患者さんが多く入院されています。様々な脳神経疾患に外科的・内科的治療を行っています。急性期の全身管理だけではなく、常に患者さんのQOLを考え、メディカルソーシャルワーカー(医療福祉相談員)やリハビリテーションを含めたチーム医療を心がけています。


HOMETOPICS院長あいさつ患者さんの権利病院概要入院のご案内お知らせ外来診療案内
外来担当医表地域医療連携室人間ドック・健康診断予防接種採用案内交通案内関連施設広報誌


武蔵野総合病院
〒350-1167 埼玉県川越市大袋新田977-9
電話番号:049-244-6340(代) FAX番号:049-244-6302
個人情報保護について

Copyright(C)Musashino General Hospital All rights reserved. All Rights Reserved.