<
●睡眠時無呼吸症候群
「いびきをかいて良く眠っている」と云われますが、実はいびきをかいているときは余りよく眠れていないことが多いのです。
脳波を分析してみますと、いびきをかいている時は睡眠が浅く、体の疲れがとれるような深い睡眠は得られていません。
おまけに、いびきをかく男性の30%、女性の20%は病的な睡眠時無呼吸をもっています。

いびきは舌や咽喉の筋肉の緊張がとれて、空気の通り道か狭くなって発生しますが、咽喉が完全に塞がってしまうと無呼吸になる(窒息状態になる)という訳です。
そして、睡眠時無呼吸が原因になっていろいろな病的な症状が出現するようになった状態を 睡眠時無呼吸症候群といいます。
詳しくはこちらをご覧下さい。



HOMETOPICS院長あいさつ患者さんの権利病院概要入院のご案内お知らせ外来診療案内
外来担当医表地域医療連携室人間ドック・健康診断予防接種採用案内交通案内関連施設広報誌


武蔵野総合病院
〒350-1167 埼玉県川越市大袋新田977-9
電話番号:049-244-6340(代) FAX番号:049-244-6302
個人情報保護について

Copyright(C)Musashino General Hospital All rights reserved. All Rights Reserved.