診療科目・その他

薬剤課

薬剤課の業務は、お薬を作るだけではなく様々なものがありますので、簡単にご紹介します。

1.調剤業務

外来患者さんのお薬は、基本的に院外処方せんを発行していますので、入院患者さんのお薬を作っています。投与量・併用薬相互作用などを確認し、また患者さんが服用しやすいようにお薬を1回分ずつパックするなどしています。

2.注射業務

医師の指示に従い、投与量・配合変化などを考慮しながら患者さんごとに調剤し、病棟に払い出しています。また、化学療法の注射薬に関しては、投与量・投与スケジュールなどを確認して、混注し病棟へ払い出しています。

3.医薬品管理業務

お薬の品質を保つために、薬局内や病棟での保存条件(温度・湿度・光など)使用期限を守り管理しています。また、お薬が不足して患者さんにご迷惑をかけないよう、在庫数を適正に管理しています。

4.医薬品情報業務

患者さんや医療スタッフ等から医薬品に関する問い合わせがあった場合、迅速に回答しています。また、医薬品に関する様々な情報を収集・整理し、随時情報提供を行なっております。

5.薬剤管理指導業務

入院患者さんのベットサイドにうかがって、服用中のお薬の説明をしています。お薬の飲み方使い方、効き目を理解していただくとともに、副作用がないかなどを確認しています。

外来患者さんのお薬は、基本的に院外処方箋を発行しております。院外処方箋の有効期限は発行日を含めて4日となっておりますので、保険薬局(調剤薬局)にてお薬をお受け取りください。

お薬に関してご不明な点は、ご遠慮なくお尋ねください。